HOME > リスク検査「AICS」のご案内

早期がんもチェック!

血液で簡単がんリスク検査

「AICS」のご案内

イメージ

AICS(アミノインデックスRがんリスクスクリーニング)とは
血液中のアミノ酸濃度を測定し、
健康な人とがんである人のアミノ酸濃度バランスの違いを
統計的に解析することで、
がんに罹患しているリスクを評価する新しい検査です。
AICSの特徴
1回の採血(約5ml)で、
複数のがんを同時に検査することができます。
早期がんにも対応しています。
検査対象となるがん
男性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がんの合計5種のがんに対するリスクを評価します。
女性では胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんの合計6種のがんに対する
リスクを評価します。
対象者
下記年齢の日本人(妊娠されている方を除く)を対象として開発された検査です。
検査項目名称 受診対象年齢 評価対象がん がん種別
評価対象年齢
備考
男性AICS
[5種]
25歳
〜90歳
胃がん、肺がん、
大腸がん、膵臓がん
25歳〜90歳  
前立腺がん 40歳〜90歳 25歳〜39歳の方は評価対象外です。
女性AICS
[6種]
20歳
〜90歳
胃がん、肺がん、乳がん、大腸がん、膵臓がん 25歳〜90歳 20歳〜24歳の方は評価対象外です。
子宮がん・卵巣がん 20歳〜80歳 81歳〜90歳の方は評価対象外です。

検査前8時間以内に、水以外(食事・サプリメント等)は摂らないで、午前中に採血してください。
検査時に妊娠されている方、授乳中の方、がん患者(治療中含む)の方、先天性代謝異常の方、透析患者の方は、AICS値に影響がありますので検査は受けられません。

それぞれのがん種について、がんに罹患している可能性を0.0〜10.0の数値(AICS値)で報告します。
数値が高いほど、がんである可能性が高くなります。
また、AICS値からリスクを判断する目安として、「ランクA」「ランクB」「ランクC」の三段階に分類されます。
AICSはがんであるかどうかを確定するものではありません。AICSは今までのがん検査とは異なる全く新しい角度からがんの可能性を評価する方法で、他のがん検査と併用することでがんを見つけ出せる可能性が高くなると考えられます。

検査項目 対象となるがん 料金(税込)
男性AICS [5種] 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、前立腺がん 25,820円
女性AICS [6種] 胃がん、肺がん、大腸がん、膵臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がん 25,820円

※健康保険は適用されません。

ご希望の方は受付、または電話にてお申し込み下さい。  電話 011-583-2000

ページの先頭へ

  • シャント血管センター
  • 血管外来
  • ハイブリッド手術室
  • 胃・大腸内視鏡
  • 人工股関節
  • がんと自由診療
  • ドックと検診
  • おがさわら通信
  • 患者様へ