積極的がん治療・ビタミンC治療・ビタミンC点滴の専門病院「小笠原クリニック札幌病院附属外来プラザ」

統合医療センター | がん治療の超高濃度ビタミンC点滴

当院で超高濃度ビタミンC点滴療法を受けるメリットは、がんの標準的治療である手術と抗がん剤、ホルモン療法を行える医師がそろっている点です。急変時の治療はもちろん、緊急入院にも対応できます。

ビタミンCはどのようにがんを攻撃するのか

ビタミンCは体内で、過酸化水素をつくります。
過酸化水素には細胞を傷つける作用がありますが、正常細胞は過酸化水素を分解する酵素を持っているため傷つきません。
一方、がん細胞はこの酵素が少ないため、過酸化水素の攻撃によってダメージを受けます。
また、ビタミンCは、がん細胞を攻撃・破壊するリンパ球を活性化させます。ビタミンCにはリンパ球を増やす作用もあります。

メニュー項目に戻る

血中濃度とがん細胞生存率

ビタミンC濃度が高いほどがん細胞は死滅します

このグラフは、血液中のビタミンCの濃度が高くなると、体内のがん細胞の生存率が下がることを示しています。
当院が加盟する点滴療法研究会が公表しています。

メニュー項目に戻る

まずは診察を

当院で超高濃度ビタミンC点滴療法を受けている患者様のがんの種類は、次の通りです。

●胃 ●肺(再発) ●肝臓 ●肝臓(再発) ●腎臓 ●膵臓 ●大腸 ●食道 ●前立腺 ●子宮、骨盤内(再発)
●悪性リンパ腫 ●咽頭 ●中咽頭 ●神経芽細胞腫 ●右上葉小細胞がん縦隔

手術や抗がん剤などで一応がんは治療できても、再発予防のために超高濃度ビタミンC点滴を受けている方もいます。まずは、担当医小笠原篤夫の診察(20分5000円)を受けてください。
小笠原は、超高濃度ビタミンC点滴を全国の医師に提供している「点滴療法研究会」(会長・柳澤厚生医学博士)に加盟し、現在も定期的に講習会に出席しています。
この治療法の先進地アメリカからの情報が最も早く入るのが、この研究会だからです。
「もっと早くこの治療法を知っていれば」初診時に唇を噛んでそうつぶやいたのは、再発がんが見付かった患者様に付き添ってきたお父様です。
とにかく、まずは診察を受けてください。

統合医療センターで使用するビタミンCには防腐剤などの添加物は含まれていません

点滴はリクライニング機能付きのいすを使い、リラックスした雰囲気で受けていただけます

メニュー項目に戻る

この治療の特徴をQ&Aでまとめました

ビタミンCはサプリメントやジュースにも入っているが

がん細胞を殺す働きを期待するには、ビタミンCの血中濃度を一般の人の通常値の250−600倍にする必要があります。通常のサプリメントやジュースではそこまで上がりません。
超高濃度のビタミンCを血管内に直接投与する必要があります。

実績や科学的根拠はあるのか

この治療法が開発されたアメリカで導入が進んでいます。カンザス大学がんセンターが2005年、卵巣がん、子宮頸がん、子宮体がんの患者様に化学療法と併用したほか、トーマス・ジェファーソン大でも2008年、化学療法が効かなくなった悪性リンパ腫の患者様に対して効果を確認しました。
当院でも効果が出ている患者様がおりますが、詳細は公表していません。この治療を行なっている医師・歯科医師約160人が加盟する点滴療法研究会(会長・柳澤厚生医学博士)に、当院の医師も加盟しています。

抗がん剤や放射線療法などの標準的治療と平行して治療できるのか

この治療は代替治療であり、標準的治療より優先するものではありません。
標準的治療の効果がなくなった方々に行ないます。
また、予防目的で投与する場合もあります。

副作用はないのか

一過性の下痢が報告されています。そのほかの副作用は報告されていませんが、医師の診察を受けた上で、最初は少量から始めます。

どのがんに効果があるのか

大腸、肺、すい臓、卵巣、膀胱、腎臓、肝臓、乳房、前立腺、胃、子宮、悪性リンパ腫、脳腫瘍、白血病などです。

費用は

1回の点滴の費用はビタミンCの量によって異なります。税込価格は、次の通りです。
全額患者様負担です。
■25g/10,500円 ■50g/15,750円 ■75g/21,000円 ■100g/26,000円
このほかに、診察料5,000円(20分)が必要です。
診察は初回の点滴前に行い、その後は必要に応じて受けていただきます。

小笠原クリニック札幌病院附属外来プラザ 統合医療センター 電話■011-582-1200

メニュー項目に戻る

超高濃度ビタミンC点滴療法の効果を高めるサプリメント

このほど点滴療法研究会が、超高濃度ビタミンC点滴療法の効果を高めることが期待できるサプリメントを開発しました。
点滴を受ける人の頻度は、週1−2回ですので、2−6日間の空白期があります。
ビタミンC血中濃度は、点滴投与後に一気に高まり、徐々に下がってきます。このサプリは、濃度を高めに維持する狙いです。

IVC−Iに含まれているビタミンDとセレン、IVC−Uのα−リポ酸と亜鉛などは、ビタミンCの作用をサポートします

23種類のビタミン、ミネラル配合

IVC−T<主な成分と特徴>
ビタミンC
ビタミンD 発がん予防
セレン ビタミンCと抗がん剤の効果を増強
ナイアシンアミド がん細胞の成長を抑制
<1回分が小袋に入っています>

ビタミンCの作用をサポートします

IVC−U<主な成分と特徴>
ビタミンC
α−リポ酸 ビタミンCのがんを攻撃する効果を高める
亜鉛 がん発生の原因となる「フリーラジカル」現象を消去する
亜鉛の吸収率を高める
カルシウム 低カルシウム血症の予防に
マグネシウム 尿管結石のリスクを減らす

※価格:IVC-T/15日分30袋5,000円・IVC-U/15日分30袋3,500円(いずれも税込価格)

サプリは「IVC‐T」と「IVC‐U」の2種類です。サプリは、超高濃度ビタミンC点滴療法を実施しているアメリカの病院も使っています。
点滴療法研究会会長の柳澤医学博士がこれを参考にして日本人に適したサプリを開発しました。
点滴療法研究会加盟の医療機関のみで販売しています。

ページの上部へ