血管センター 積極的がん治療・シャント造設・シャントトラブル専門の小笠原クリニック札幌病院【院内の最新情報をお届けするブログも発信中!!】

人工股関節

体へのダメージも少なく入院期間も短い『MIS人工股関節置換術』。高額医療の申請をすることで自己負担額がさらに少なくなります。100%保険診療

当院では、石部基実医師による人工股関節の手術を行っております

人工股関節置換術は、変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、関節リウマチなどに対して行われる治療法の一つです。

石部基実医師は最小侵襲手術(MIS)と呼ばれる手術を行っています。
15〜20cmの傷を必要とした従来の手術法に比べ、MIS人工股関節置換術の傷は6〜8cmです。これによって筋肉や皮膚へのダメージが非常に少なく、短い入院期間(4日から14日間)、早い社会復帰が可能となりました。

しかしながら、MISはたいへん難しい技術ですので実施している医師は非常に少ないのが現状です。
石部医師は適宜ナビゲーションシステムを併用することによって多くの患者様にMISを行っています。

▲手術中の様子
▲人工股関節

石部基実医師、MIS、ナビゲーションシステムについて詳しい情報はこちらから 石部基実クリニックHP

石部基実クリニック 受付時間/平日の午前9:00〜12:00まで 電話■011-876-9008

ページの上部へ